ー平成27年度版ー
  平成25年度版へ 
  平成26年度版へ

 3月21日(月)  酪農体験補助に行きました
  

  
  平成28年3月21日(月)、畜産研究部の生徒2名が近隣の牧場で行われた酪農体験のお手伝いに行きました。酪農体験には未就学児童から小学校低学年の子供たち33名と引率のスタッフ11名が参加しました。牧場についての説明があったあとで子供たちは乾燥牧草をウシにあげました。普段は見ることのないごく至近距離から見るウシ(乳牛が中心)に最初は戸惑っている様子でしたが楽しそうにエサをあげていました。畜産研究部員は、子供たちにケガがないように気をつけたり、消毒や手洗いをしっかりさせたりといろいろ活躍しました。昼食後は搾乳・バターつくりと生産から加工までの経験をしました。そこでも、畜産研究部員は子供たちにいろいろ話しかけたり、バターがうまく作れない子供には手を貸したりと細やかな気配りをしていました。
 2月22日(月)  卒業生送別スケート教室について
 




 
 2月22日(月)に「卒業生送別スケート教室」が、新横浜スケートセンターで行われました。これは卒業式を前に、全校生徒が参加し卒業生と在校生、先生とが思い出を作るために毎年行われている行事です。
 初めてスケートをする生徒も多かったのですが、一時間も練習していると多くの生徒が滑れるようになっていました。経験者の先輩が、初心者の後輩の手をとり教えてあげる光景も多く見られました。
 毎年、スケートリンクは貸切で行っているので生徒達はのびのび滑る事が出来たようです。卒業生は残り少ない学校生活を惜しむように在校生や先生達と交流していました。
 
 11月27日(金)   横須賀市立長井小学校特別支援学級の皆さんの農業体験がありました
 
 草花温室や果樹園を見学します。
  

ダイコンを引き抜き、ウシのエサ調合などもしました。
  
 
 11月27日(金)、横須賀市立長井小学校の特別支援学級の皆さん8名が農業体験のために初声分校を訪れました。
 グリーンライフを選択している生徒が学校内を探索しながら説明し、ミカンの収穫、ダイコンの収穫、ウシのエサ調製などの実習を小学生のみなさんに体験してもらいました。
 あいにくの強風の中でしたが圃場にあるハクサイやレタス、木になっている状態のミカンに小学生たちは歓声を上げ、楽しそうに体験実習をしていました。説明した分校生にもいい勉強になった今日の農業体験実習でした。
 11月13日(金) 野比小学校5、6組の皆さんが農業体験に訪れました
 
 ウシの見学と草花の先生によるミニ講義。
  

 ミカンの収穫体験と畑の見学
  
 
 11月13日(金)、横須賀市立野比小学校5、6組の皆さんが農業体験をするために初声分校を訪れました。
 グリーンライフ選択生徒が先生役になって、ウシについて、草花について、ミカンについて、野菜についてなどの説明をしながら学校内を見学して、回りました。
 また、果樹園ではミカンの収穫体験、野菜ではポップコーンの調製体験をしました。小学生からはいろいろな場面で活発な質問が出て、対応する生徒たちにとっても貴重な体験となりました。
 あいにく肌寒い天候でしたが、小学生は楽しそうに元気いっぱいで農業体験をしていました。
 
 10月30日(金)  保育園児のイモ掘りがありました
  
 手作り紙芝居でイモ掘りのやり方を伝えます。
  

   
  10月30日(金)、毎年恒例の保育園児のイモ掘りが今年も行われました。にじいろ保育園ポピー園、コスモス園から43名の園児と10名の先生方が初声分校を訪れ、イモ掘り体験と校内探索をおこないました。分校生のグリーンライフ選択の3年生が主体となってお手伝いや指導を行いました。
 今年は、新しい取り組みとしてラッカセイの収穫を取り入れてみました。畑から次々に出てくるサツマイモやラッカセイに園児たちは歓声を上げて喜んでいました。校内探索では野菜や花、果樹の生産現場をみたり、ウシをみたりと農業高校はどういうものかを体験しました。
分校の生徒もパワフルな園児たちに圧倒されながらも、楽しく有意義な体験になったようでした。
 10月19日(月)   通学路清掃をしました

 通学路をきれいにしましょう。
  
  
  
 
 10月19日(月)の放課後に2年生が、地域貢献活動の一環として通学路清掃を行いました。総合実習から引き続いての清掃活動だったので、実習服姿で通学路を正門から赤羽のバス停かを通って和田のバス停というルートで、燃えるゴミ・プラゴミを中心に拾いました。地域の方からは「ごくろうさま、ありがとう」という声をいただいたりして、2年生にとって有意義な経験になりました。 
  10月18日(日)  酪農体験の補助に行きました

牛のお世話、一生懸命がんばります
 

作業服で準備は万端    小学生の補助もします。
 
 
  10月18日(日)、横須賀にある関口牧場で小学生向けの酪農体験があり、初声分校の畜産研究部の生徒3名が、お手伝いに行きました。

 せっかくの牧場での活動なので、朝7時に集合して、まずは畜産研究部の生徒が搾乳の実習をさせていただきました。めったに体験できない本格的な搾乳に生徒はとても勉強になったようです。

 11時に酪農体験が始まりました。参加した生徒は給餌、乳搾り、ブラッシング、バター作りと試食、ソフトクリームの試食と生産・加工・販売の一連の体験をする小学生のために、通路の確保や消毒などいろいろとお手伝いをしました。

 秋らしい天気の中で、楽しく酪農体験の補助ができて参加した生徒はとても楽しそうでした。

 9月27日(日)  よこすか動物フェスティバルに参加しました
 
会場は「三笠公園」  動物と仲良しに
 

小学生や幼児に指導しました
 
  9月27日(日)、三笠公園にて横須賀動物フェスティバルが開催され、分校の畜産研究部から3名が搾乳体験の補助として参加しました。
このイベントは、横須賀市動物愛護協会と横須賀三浦獣医師会が主催する親子で楽しめる動物たちとのふれ合いイベントで毎年開催されています。
 畜産研究部の生徒は、搾乳体験に使われる乳牛(ジャージー種)のブラッシングや給餌、ヤギの排泄物処理、体験する方の事前消毒と事後消毒などさまざまな分野のお手伝いをしました。当日は暑くもなく寒くもないちょうどいい気候で、忙しい中にも楽しい経験となったようです。
 9月18日(金)  南太田小学校の皆さんが農業体験に来ました

 生徒達が『先生』です。 牛のお世話体験
   

 ポップコーンの調製体験  果樹園の説明
  
  9月18日(金)、横浜市立南太田小学校5年生72名が農業体験のために初声分校を訪れました。朝からの雨模様でしたが、農業体験中はほとんど雨が降らずまずまずの天候でした。
 校内見学のあと、ポップコーンの調製、パンジーの鉢上げ、青もぎミカンの収穫と試食、和牛のエサつくりとブラッシングなどそれぞれの班に分かれて農業の実習を体験しました。初声分校の生徒は、元気いっぱいの小学生におされ気味でしたが楽しく農業体験を指導していました。
 9月5日(土)  スポーツフェスティバルについて 
  
 バスケ          サッカー
   

 ソフトバレー      学校対抗綱引き
  

 9月5日(土)に「横三地区高等学校定時制課程 第13回スポーツフェスティバル」が県立追浜高等学校で開催されました。
県立横須賀高校、県立追浜高校、市立横須賀総合高校、平農初声分校の横須賀・三浦地区にある4つの定時制課程の高校生達のスポーツ大会で、今年で13年目を迎えました。
前日の悪天候の影響もなく、当初の天気は、夏の日差しが強く残る1日になりました。生徒たちは暑さに負けず参加種目に一生懸命取り組むと同時に、競技者への声援が絶えることはありませんでした。
 その結果、個人種目では男子フライングディスク、女子卓球、女子ターゲットバードゴルフで1位。団体種目では綱引き、女子リレー、女子ソフトバレーボールで2位という素晴らしい結果に結びつきました。
 またPTAの方々には関口牧場の特性アイスクリーム販売の模擬店出店という形でご協力頂きました。本校の生徒だけではなく他校の生徒にも大変好評でした。ありがとうございました。
 
 8月22日(土)〜23日(日)  三浦市農協の夏祭りに参加しました
 
  

  
 
 8月22日(土)から23日(日)にかけて、三浦市農協出荷場において三浦市農協夏祭りが開催され、初声分校から畜産研究部の生徒がそれぞれの日に4名ずつ参加して初声分校の宣伝をしてきました。
 この夏祭りは毎年2,000人以上の来場者がみえるイベントで、ヒマワリ、カキ氷、焼きそば、フライドポテトの無料配布や野菜のつめ放題、農機具や農業機械の展示即売など楽しい企画であふれていました。初声分校からは花や観葉植物、ハーブの苗を販売しました。
 生徒達は、卒業生や農家の方からさまざまな声をかけられて、昔の分校の話をしたり、「去年のニチニチソウがとてもよかったからまた来ました」とお褒めの言葉をいただいたりと楽しい経験をしました。
 8月3日(月)  生徒会本分校研修会が行われました
 
情報交換         初声分校を見学


バーベキュー!!!     最後にお土産を頂きました

  8月3日(月)、快晴で心地よい風が吹く中、毎年恒例の本分校生徒会研修会が初声分校で行われました。この行事は本校と分校の生徒会役員が1年ごとに本校と分校を交互に会場として情報交換や交流を深めるものです。
 自己紹介の後、それぞれの生徒会が活動内容を発表してお互いに理解を深めました。その後、分校の見学をしました。思ったより広い分校の敷地に本校生徒会の皆さんは驚いているようでした。
 レクレーションでは、「箱の中身はなんじゃろな?」と題して、箱の中に入れたものを触るだけで当てるゲームを楽しみました。触ってわからないときはペアを組んだ生徒がジェスチャーでヒントを出しました。
 最後にバーベキューをして、和気あいあいと交流がを行われました。特に調理係になった生徒は汗だくになりながらも楽しそうでした。参加した生徒達はみんな心身ともに"おなかいっぱい"になった研修会でした。
  7月24日(金)  神奈川県学校農業クラブ連盟の家畜審査競技会が行われました

最優秀受賞!!!!       じっくりウシを観察します


うしだらけ!!囲まれてる!!  真剣に審査中です

 7月24日(金)、神奈川県の畜産技術センター(海老名市本郷)にて神奈川県学校農業クラブ連盟の家畜審査競技会が行われ、分校の生徒は乳牛の部に6名、豚(ランドレース)の部に2名が参加しました。
 当日は快晴で33度以上の猛暑の中で競技が行われました。特に豚の部は実習服に加えて防護服という全身を覆う不織布の専用の服を着るので暑さが身にしみたようでした。
 審査競技会は、成畜4頭を審査基準にのっとって審査して、順位をつけます。そして、出題された3箇所の部位に注目してそれぞれの順位をつけます。最後に幼畜4頭に順位をつけます。家畜の順位はその日の体調やちょっとしたことで変わってしまうので、いかに家畜を見る眼があるかを競う競技です。
 分校生の結果は、乳牛の部で最優秀賞と優秀賞を2名が受賞しました。豚の部は惜しくも賞に入りませんでしたが、参加した生徒全員がとても充実した体験をしました。
 
  7月3日(金)  小学生による農業体験がありました(桂台小学校)
 
 生徒が「先生」に!!   みなさーん、しっかり聞いてください
  

 草刈りのエンジンをかけてみよう 鉢上げのポイントを紹介するよ
  
 
 7月3日(金)、横浜市立桂台小学校5年生の農業体験が初声分校で実施され、生徒も参加しました。分校の「グリーンライフ」を選択している3年生が先生役になって小学生を指導しました。
 あいにくの雨が降る中でしたが、メロンのスケッチをしたり、作物の播種をしたり、実際に使われている刈り払い機(安全のため刃ははずしてあります)のエンジンをかけたり、草花の苗を鉢に植え替えたり、分校で飼育している和牛の1週間分のえさを調製したりとそれぞれ班ごとに別れて楽しそうに農業実習を体験していました。
   6月30日(火)  小学生による農業体験がありました(釜利谷小学校)
 
 みなさん!!こんにちは  畜産体験
  
 
 草花の鉢上げ体験   果樹園前に集合!!
  

 6月30日(火)、期末試験中でしたが、横浜市立釜利谷小学校4年生88名の農業体験が初声分校で実施され、生徒も参加しました。
 分校から参加した生徒は科目「グリーンライフ」を選択している3年生で、授業内容に「農業体験の計画と実施」というものがあり、4月より少しずつ準備を重ねてきました。また、生徒にとっては実技試験でもあるので大変緊張していました。
 小学生は野菜・草花・果樹・畜産の4グループに分かれ、それぞれ校内見学をした後で実習体験をしました。いつもみている野菜や草花、果物がどのようにできていくのかを体験したり、和牛に実際に触れてみて、エサを調製したりと普段ではできないことばかりでとても楽しそうでした。
   6月14日(土) 酪農体験のお手伝いにいきました

 エサやりの練習♪      乾草を配布中
  

 バターづくり実践中     除角しました 
   
 6月14日(日)、近くの牧場で酪農体験があり、そのお手伝いに畜産研究部の3名が参加しました。
 今回は東京の自然教室の一環で、小学校低学年を中心にたくさんの子供たちが参加しました。まず牧場についての説明や注意を受けた後、給餌体験をしました。畜産部員は乾草をほぐしながら渡したり、怖がる子供と一緒にえさをやったりと大活躍でした。
 その後、搾乳体験やブラッシング、バター作りと見本を示したり消毒を徹底したりと一生懸命に取り組んでいました。
 体験後は牧場の牛を除角する手伝いも体験できました。焼きごてをツノの周囲にあて、ツノになる細胞を焼きつぶすことで将来ツノを生えなくする作業です。動く牛を押さえ込んだり、焼きごてを当てたりと普段はできない体験に畜産部員は興味深そうでした。
   6月6日(土)  横須賀市の親子酪農体験をお手伝いしました

 牛さんと仲良くしましょう  エサやりは丁寧に!!
  

 羊の毛刈り体験☆     これから丸刈りだメェ
  
 
 6月6日(土)、横須賀市の親子酪農体験が関口牧場で行われ、分校の畜産研究部から3名がお手伝いに参加しました。
 酪農体験では50名の保護者と小学生がえさやり、乳搾り、ブラッシング、バター作りと試食など生産から加工までを体験しました。分校の生徒は牧草を手渡したり、手洗いを指導したりと大活躍でした。
 体験終了後には、緬羊(めんよう:ヒツジのこと)の毛刈りを関口さんのご好意でやらせてもらい、めったにできない体験に生徒はうれしそうでした。

  5月16日(土)  JAよこすか葉山のふれあい祭りに参加しました
 
  

  


 あいにくの雨模様の中でしたが、JAよこすか葉山のふれあい祭り(春)に分校生徒10名が参加して学校の生産物を宣伝してきました。
 恒例となった野菜苗や花苗を楽しみにしているお客様からは「毎年楽しみにしている」などたくさんのうれしい言葉をいただきました。
 また、たくさんの卒業生とも話ができ、中でも「分校に入学した第1期の女生徒のひとりです」という方からは当時の状況など貴重なお話しが聞けました。
 参加した生徒はたくさんの経験ができ、とても充実した一日になりました。
 4月28日(火) ボウリング大会について

   

   

  4月28日(火)に毎年恒例の行事である「新入生歓迎ボウリング大会」が生徒会・農業クラブ共催のもと行われました。
これは全校生徒と全教員が一緒にボウリングを通じて交流を深めるという他の学校では見られない行事で、普段とは違う表情が伺えました。
 4月27日(月)   携帯電話教室が開催されました 
 
   

 4月27日(月)に1年生を対象にKDDI株式会社から講師をお招きして、携帯電話のマナーやプロフ・SNSについての危険性を例示し、携帯電話の利用について考えさせるという目的で講演をしていただきました。スマートホンや携帯電話に関わる身近な事件や被害について、大変分かりやすい説明で生徒も集中して聞いていました。
  4月13(月)〜14日(火)  1年生の宿泊オリエンテーション 

   

  

  
 4月13〜14日に1年生の大山宿泊オリエンテーションがありました。この行事は毎年恒例で、農業と雨の神様を祀っている大山に登ることで今後の農業高校生活の安全と無事を祈願するものです。
 天候はあいにくの雨模様でしたが、朝8時に分校に集合し大山に向けて出発しました。宿舎に到着後、大山登山を計画していましたが、雨のため翌日に延期し、宿舎で分校のルール等オリエンテーションを行いました。夜は校長先生と副校長先生による講話やそれぞれの自己紹介模造紙を作製し発表を行いました。翌日も残念ながら雨だったので、往復大山ケーブルカーを使い、大山阿不利神社下社まで行きました。分校に帰る前に平塚農業高校(平塚にある本校)を見学しました。
 これをもって4月に入学した1年生のオリエンテーションが無事に終了しました。
 4月8日(水)  入学式

    

 
4月8日(水)に初声分校体育館で平成27年度の入学式が行われました。あいにくの天気でしたが、新しくなった綺麗な体育館での入学式でした。
2・3年生の草花選択生が自分達で栽培した草花を飾花し、華やかな雰囲気の中、35名が入学しました。新入生は不安と緊張で表情もこわばりがちでしたが、学校長からの言葉や来賓からの祝辞、村松さんによる宣誓、長谷川さんによる新入生あいさつなどがあり、分校生としての心構えもできたようでした。

bunkounews28html.htmlへのリンク

bunkounews28.htmlへのリンク